FC2ブログ

Bum-U in luck

蛮 勇 引 力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛着

 
なぜか捨てられず ついつい使い続けてしまうもの。
 

 
特別な思い出があるワケでもないのに ボロになってもなぜか捨てられず、 ついつい
使い続けてしまっています。

例えば、 赤いエプロン。 
母が 何故か北海道土産として(笑)買ってきてくれたのが、 20年以上?前のこと。
それ以来、 絵を描くときに使っています。
日々の家事に使うワケではないのでモチがよかったのだと思いますが、 今や布自体が
劣化してきて 破けるように。(笑)
ここ最近は 他のエプロンと併用するようにして 出番は少なくなりましたが、 やっぱり
何故か捨てられず、 使い続けてしまっています。



                     赤いエプロ~ン
                       ボロを撮ってどうする。(笑)


それから、 革の手袋も。
姉がもらってきた バザーの売れ残り革手袋の中から、 サイズが合ってデザインの気に
入ったものをもらったのが 20年以上前のこと。 
それ以来、 冬になると使い続けています。
革なので破けたりはしていませんが、 何故か左右で革の風合が違ってしまった(右はマット、
左は使い込んだ光沢有り)うえ、 指の形通りに変形し、 革自体がかなりクタビレています。
この冬は やけに指がかじかむのもあって、 裏地付きの暖かいタイプの革手袋を バーゲンで
購入しましたが、 やっぱり捨てられず、 新しいものと併用して 使い続けています。



                     緑色の手袋~
                     だから、ボロを撮ってどうする。(笑) 


何故 使い続けてしまうのだろう・・・と考えてみると、 その理由のひとつは 使いやすさ。
赤いエプロンは  もともと薄手の柔らかいコットンで出来ているため、 軽く、 コンパクトにたため
着け心地もよく、 持ち歩きに便利。
洗った手を拭いても、 薄手なのですぐに乾きます。(笑)
緑の手袋も、 もともと薄手の革なうえ 馴染んで柔らかくなっているので、 指が動かしやすい。
差し色になるので、 緑という色も気にいています(もう色あいもだいぶ悪くなってしまいましたが)。
エプロンも手袋も、 特別な思い出や思い入れがあるワケではないので、 気兼ねなく使え、 
それもまた 気楽でよろしい のデス。

そして、 もうひとつの理由は 共に過ごした時間 -愛着- でしょうか。
特別な“なにか”はなくても、 あることがあたりまえのようになったから なのかもしれません。

とかなんとか述べてみましたが、 やっぱり“貧乏性”以外のなにものでもないとも言えマス。(笑)




                     初めて自分で 
                      初めて自分で手袋を買いました。



スポンサーサイト
  1. 2009/02/08(日) 01:08:57|
  2. ア・ル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。