Bum-U in luck

蛮 勇 引 力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

布哇 de 乗馬 ・・・Ⅰ

 
ハワイのイメージとして真っ先に取り上げられるは サーフィンやフラ。
そんな常夏の、 空と海の島ハワイにはまだまだ多様な顔がある。  その中でも以外に知られて
いない顔が “牧場” ではないだろーか。


 
Perker Ranch Mag天・気候の良さと水の豊かさ。
ハワイの条件が豊かな牧草地を育て、 
その一方で火山が影響したエリアは荒涼
とし、その両面併せ持つ様子は アメリカ
大陸中西部のよう。
海を渡って来た米国人たちが ここに
大陸の面影を見出し、牧場経営に乗り出
したのも理解できる。
今やハワイ各地で大小のロデオ大会が
開催され、本土さながらのウェスタン・
ワールドがハワイにあるのだ。

ハワイ島のパーカー牧場はその歴史と規模から
最も有名で、面積は東京23区の1.5倍以上!
個人所有の牧場としては 世界最大規模だとか。
パーカー牧場 のHPはこちら(英語のみ)



そんなハワイのハワイ島で体験できるアクティビティとして “乗馬”は 大きな選択肢。 乗馬を始めて
4~5年の友人は ハワイでしたいこと第一位が乗馬だった。
ワタシはといえば、 乗馬をしたことがない(子供のときに1度“乗った”ことはあるケド)うえに、 大学で
馬術部に入部した学生時代の友人から、 最初は打撲と摩擦で足の股一帯が大変なことになった!
と聞いたコワイ話の刷り込みで(笑)、 乗馬をしてみよう! などとは考えていなかった。
友人とは、 別行動アリで お互い好きなことをしようと話していたので、 乗馬に関してはまさにそれが
当てはまっていたのだけれど・・・
日程がシーズンはずれであること等のため、 人数不足でツアーが催行されない状況が見えてきた。
最少催行人数2人。 一人だけではツアーは催行してもらえない。 せっかくの旅行で一番したいことが
出来ないのというのは哀しいので、 ワタシも催行されるツアーはないものかと色々調べ計画を詰めて
いくうちに、 体験してみてもいいかも~ と思えるようになってきた。
馬場で乗るわけではない、 ハワイの大自然の中での乗馬ツアーは なんとも気持ちよさそうなのだ。
初心者でも子供(8歳以上)でも大丈夫! 但し、 体重制限は104kg! と書いてある。
体重制限は とりあえずクリアできるし(笑)、 初心者でも子供でも大丈夫なら・・・と体験決断。
とはいえ中・上級者向けコースはムリなので、 友人にはちょっと我慢してもらい、 初心者OKの 
「ピクニック・コース(3時間/ランチ・タイム含)」に一緒に参加することに決定した。
いきなり3時間乗馬って大丈夫なのか?! と一抹の不安があるものの、 コハラマウンテンにある
広大な牧場を馬で行くピクニックに ワクワクして臨んだのだった。



            Paniolo Adventures1


ポロル渓谷から 来た道を戻って、 コハラマウンテン・ロードに入り、 乗馬ツアーをやっているパニオロ
牧場へ。
ゲートをくぐると、 果てしなく広がる草原を背に赤い小屋が建っていて、 いきなりウェスタン・ワールド
が始まっていた。
小屋の中に入ると、 受付係員が 日本語で挨拶してくれた。 日本人の参加も結構多いのだそうだ。
チェックインすると、注意事項や誓約書を読まされた。  
さすがアメリカ。 “こんな事故やあんな事故の可能性があります、 了解です、 自己責任です” と
いう文章にサインしなければならない。
こんな事故やあんな事故の可能性 を読むと、 いかにも裁判の国、アメリカ的だ~と苦笑しながらも
やっぱりちょっと不安にもなる。 初心者なんですけど~?と。(笑)



     Paniolo Adventures2



誓約書にサインをし 支払いを済ませると、 馬の用意が出来るまで準備をして待っていてと言われた。
乗馬のためのブーツ、 ダスター・コート、 チャップス(革のオーバーズボン)、 帽子/ヘルメット等は
貸してくれる(無料)。 サイトには、 参加者は必ず長ズボン着用のことと と書いてあるのだけれど、
短パン・ビーサンで来てしまうお気楽観光客用か、 ジーンズや靴下、 長袖シャツやGジャンなども
揃えてあった。 
個人的には チャップスに憧れがあったけど(笑)、 よほどの雨や寒さでなければ必要ないので、
ブーツ、 ヘルメット、 コート(雨や寒くなったときに着られるように鞍に括り付けておく)を借りた。



               トカゲ皮使いのウェスタン・ブゥゥゥツ
         ワタシの足にフィットしたウェスタン・“シンデレラ”・ブーツは トカゲ皮がポイントに使われた、
                    オシャレなデザインのものでした。 でも、かなりボロ。(笑)




    Paniolo Adventures3




           ポロル渓谷から牧場へ
 


スポンサーサイト
  1. 2009/01/11(日) 16:08:51|
  2. Journey 布哇巨島'08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。