Bum-U in luck

蛮 勇 引 力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これが市場なのだ~ ・・・爆発おやつ編

 
バン!!
「なにごと?!」 と、 市場で突然鳴り響いた破裂音にギョッとしてあたりを見回しても、 何もなかったように、
みんな平然と歩いている。                                    2007年5月24日@ソウル
 

 

バン! という大破裂音が、 再び聞こえてきた。 
なんだろうと思い 音のする方へ行ってみて、 その正体が判明した。 ポン菓子のような駄菓子を作るときの
破裂音だったのだ。


            バン!1

ステージのスポットライトのようにも見える、 地面に置かれた黒い筒状のものが、 駄菓子作りの機械。
それを囲むように並べられている缶に、 お菓子の材料。 プロパンガスを使って高温(高圧?)にして、 破裂
させる仕組み。
作って売っているのは、 どうやらオモニと息子らしい。



     バン!2

          息子が黒い機械に材料を入れ、 バン!と破裂させて 広げた新聞に取り出す。


       バン!3

        それをオモニがザルにあけ、 ふるいにかける。 これで焼け焦げてしまった部分などが
        落ちていくようだ。

 
              バン!4

         最後に オモニが手で ふるいで落としきれなかったカスを取り除き、 箱にあける。


             バン!5

          箱にあけたお菓子を、 オモニが柄杓を使ってビニール袋に詰めて 出来上がり。
              しばらく作る様子を眺めてから、 買っていくアジュマやアジュシ。
              材料を指定して、 作りたてを買って帰ることも出来るようだった。
 

 

スポンサーサイト
  1. 2008/08/17(日) 00:23:10|
  2. Seoul Journey '07五月
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。