Bum-U in luck

蛮 勇 引 力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

On A Clear Day ・・・親切なキムさん

 
バス・ストップ再び仁寺洞通りに戻り、ギャラリー巡回のシャトル・バスを待つ。 
このバスの終点ガーナ・アート・センターから
みんちょる邸が近いらしい。 
バスが到着すると、運転手さんからいきなり
「日本人?」と聞かれ、
「みんちょるの家に行きますか?」と見抜かれた・・・。


ベレー帽にサングラス、手塚治虫スタイルの運転手のキムさんは、英語と日本語が少しでき、
色々と話かけてくれる。
そのうえ、バスを降りてからの地図を描いてくださり、
「37分にピック・アップするから家の前で待っていて」
と、恐縮してしまうほど親切にしてくださるのだ。
アート・センターの見学はやめにして、キムさんのご好意に甘えることにした。
シャトル・バス 1000W


[On A Clear Day ・・・親切なキムさん]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2005/11/29(火) 17:05:56|
  2. Seoul Journey

On A Clear Day ・・・石焼サムギョンプル2人前

 
地下鉄3号線で安国駅まで戻り、仁寺洞キル(インサンドン通り)へ。
仁寺洞通りは民芸品や書道具等の小さなお店が集まっているところで、
お茶の水あたりにイメージが近いかもしれない。
紙専門店で 母に韓紙をお土産に買う。

昼食に、石焼サムギョンプル(豚の三枚肉の焼肉)を食べるのだ!

ホテルに戻って紙を置いてから、鍾閣近くの「パプサンモリ」に繰り出した。

 
  [On A Clear Day ・・・石焼サムギョンプル2人前]の続きを読む
  1. 2005/11/28(月) 12:50:43|
  2. Seoul Journey

On A Clear Day ・・・美しい場所 Ⅱ

 
ナレ宅を後にして先ほどの公園へ戻り、 
みんちょるやヨンスが座ったベンチでしばらくの間ぼんやりとする。
男性が二人、1~2才の赤ちゃんを連れてやってきた。
帽子によだれ掛け、スカートの下のズボン・・・。 赤ちゃんのイデタチがかわい。
背負子で孫をおぶったおばあさんが道を行く。


           公園出現!公園3

                       ナレの家への道

  
[On A Clear Day ・・・美しい場所 Ⅱ]の続きを読む
  1. 2005/11/28(月) 12:32:17|
  2. Seoul Journey

On A Clear Day ・・・美しい場所 Ⅰ

 
                 ナレの家3


その家は、踊り場もなく階段からいきなりドア(玄関)になっていた。
おそるおそるチャイムを鳴らすと、出てきたのは、30代と思われるこの家の奥さん
(アルフィーの坂崎サンに空気をパンパンに入れた感じ)。
にこにこと迎え入れてくれた。
家の中を通してもらって、外に出ると“あの場所”だ。
小型犬が2匹、ゲージの中にいる。 子ども用の遊具も転がっている。 ドラマにはない
パラソル付きのテーブルも置いてある。
この家の住人たちの匂いがしないワケではないのに、気にならない。
ああ、あの場所だ、と思う。 あの空間だと感じる。
ここでヨンスはナレたちと暮らし、みんちょるが会いに来たのだ と確かに思えるのだ。
平日の午前。 作業所になっているここの1階では 人々が黙々と仕事をし、
隣の建物では 工事人たちが働き、 漢江にかかる橋を車が行き来し・・・
ソウルの日常の空気がひろがっていた。
そのごく普通の、平凡でおだやかな時間と空気が、あの物語に生命を与えているようにさえ思える。
秋晴れの キラキラと光る漢江が見渡せる その場所が
静かに胸をいっぱいにする・・・。
とても美しい場所。


[On A Clear Day ・・・美しい場所 Ⅰ]の続きを読む
  1. 2005/11/25(金) 08:52:47|
  2. Seoul Journey

On A Clear Day ・・・探検にいく?!

10月6日(木)晴れ
7:00起床 
さて今日はどうしようと考えてボヤボヤしていたら9時過ぎてしまった。
天気もよいので、必ず行きたいトコロを制覇してしまおう! 
北と南と東・・・方角的に合理的な回り方ではないけれど、ナレ宅エリアとみんちょる邸、
加えて市場へ繰り出すことにする。

手形ロケ地を訪ねる前に、ホテルからそう遠くないシネコアへ
BHの手形を探しに行く。
いくつかのスター手形の中にBH手形発見! 
手を合わせてみると、短指族のワタシの手よりかなり大きい。
男性の大きくてきれいな手は素敵よねと独りヨロコブ。


タコプル日本人の肝試しの場所とも言われるタプコル公園前を気持ち早足で?
通り過ぎ、地下鉄3号線「鍾路3街」駅へ。 
昨日、スーツケースを引っぱって歩いたせいで、右腕筋肉痛だ。
*タプコル公園:3.1独立運動発祥の地。老人達が集う場所でもある


韓国スイカ駅の窓口で読書中のむっつり駅員から
韓国版スイカ/地下鉄カードを買う。
ガイドブックの写真を指差して、「ジュセヨ(ください)」。
12500W(2500W分はデポジット)
ソウルは、地下鉄が網の目のように走っている。
1~8号線まであり、各線色分けしてあり、駅には番号がついている。
電車が複数乗り入れている駅でも、色や番号に沿っていけば
よいのだ。
電車の幅は日本より少し広ようだった。



[On A Clear Day ・・・探検にいく?!]の続きを読む
  1. 2005/11/24(木) 17:59:11|
  2. Seoul Journey

ソウル a GO! GO!  ・・・Ⅲ

世宗会館のホールは、左右の壁面に巨大スクリーンがあり、今後の公演CMや本日のキャスト等を
映していた。
3階席から1階を眺めると、座席の後ろがなにやらもやもやしている。
なにかと思えば、飛行機のように、全座席の背もたれ部分にスクリーンがついていて、
壁面スクリーンの映像をそこでも流しているのだった。
オケの練習音が聞こえてくるものの、ボックスをのぞいても穴があいているようになっているだけ。
団員の姿は見えない。穴のさらに奥で演奏するのだろうかと不思議に思っていると、
開演と同時にオケがせりあがってきたのだった。
いやはやビックリ。こういったホールを東京では見たことがない。
韓国は先端へ先端へと突き進もうとしているのだとつくづく思う。

seijon.jpg



世宗会館
映画「甘い人生」でソヌが車を走らせるシーンでも登場

[ ソウル a GO! GO!  ・・・Ⅲ]の続きを読む
  1. 2005/11/24(木) 12:58:59|
  2. Seoul Journey

ソウル a GO! GO!  ・・・Ⅱ

地下道の階段、デコボコ細道・・・。
スーツケースをひっぱりながら、地図をたよりになんとかホテルにたどり着いた。
部屋は8階、扉は二重、窓もニ重。部屋もバスルームもなかなかの広さ。
ところがバスルームの電気のつけ方がわからない・・・。
さんざん探してわからず、ついにフロントに電話して聞くと、
電気関係はすべてリモコン操作だった。 ビックリ。

このホテル、キレイで設備もいい(PCもある!)が、やっぱりラブホ・ティストもあるような。

我が家
我が家2
お風呂

シングル・ルームはもとよりないし、ジャグジー付お風呂のカーテンもない。
缶ポカリ1本と栄養ドリンク2本がついてくる。そこここにその雰囲気が・・・。
韓国ではビジネス・ホテルとモーテルとラブ・ホテルが一緒くたになっているそうだ。
今回泊まるこのホテルも、その類の星(韓国ではむくげの花)のつかないホテルである。
さらに韓国では環境汚染対策のため、歯ブラシや剃刀など使い捨て用品の備え付けはない。
ドカンとお徳用シェービング・フォーム、歯磨きチューブ、シャンプー&リンス等が置いてあった。

[ ソウル a GO! GO!  ・・・Ⅱ]の続きを読む
  1. 2005/11/23(水) 20:43:45|
  2. Seoul Journey

ソウル a GO! GO!  ・・・Ⅰ

10月5日(水)
6時前起床 
ゴロゴロとスーツケースを引きずり、霧雨の中、家を出る。
羽田発着便は高いので、不便だけれど成田発着便でソウルへ飛ぶ。
上野発9:20のスカイライナーに時間があったため、
本日発売の週刊新潮を買って、BH記事を読む(デコ出しBHがいる)。
記事の中のファンの発言は本当なのだろうか?!
平日の成田は混んでおらず、チェック・インと両替を済ませ、
TULLY’Sのフォカッチャとコーヒーで小腹を満たす。
本日のレート:0.1243WON=1円 
*旅行中はオーザッパに1WON=0.1円で計算

コリアンビューティ?! 10:55発KE702便。
 飛行機に乗り込むと
 大韓航空乗務員の制服が10月から新調されましたと
 アナウンスがある。
 スタイルいいでしょ!的ジャケットに
 なにかを突き刺しそうなスカーフとヘア・アクセサリー。
 コリアン・ビューティを意識しているのだろうけれど・・・・
 ちとtoo much気味なような・・・。
機内食は栗や鶏肉が入ったあんかけゴハンとコーンサラダ。
フォーク&ナイフはプラスティックではなかった。
9.11後もずっとそうだったのだろうか?
フライト時間が短いせいか、毛布は最初からナシ。
2時間半弱、映画1本観終わらないうちに ソウル・仁川国際空港に到着した。


[ ソウル a GO! GO!  ・・・Ⅰ]の続きを読む
  1. 2005/11/23(水) 20:28:20|
  2. Seoul Journey

愛は非売品

最近評判を呼んでいる書籍「生協の白石さん」の紹介をTVで観ました。
東京農工大学生協で働く白石さんが、生協掲示板に貼られる学生達の
様々な要望に、誠実さとウィットとあたたかさをもって答えたものを
まとめた本です。
都昆布を入れてほしい というものから 単位がほしい なんていうものまで。
愛は売っていないのか という問いかけへ 白石さんの答えは

どうやら愛は非売品のようです。
もしもどこかで売られているとしたら、それは何かの罠かもしれません。
くれぐれもご注意ください。


そう、ホノトの愛は非売品。
白石さんと学生たちの間には、その愛がふんわりとあるようです。

              
       
                 h1-3.jpg

  1. 2005/11/21(月) 00:22:24|
  2. 本トノハナシ

こんにちは / はじめまして

ブログを始めることにしました。
のらり くらり のんびりと・・・。

時々頭をもたげる蛮勇に おつきあい頂ければ幸いです。


遠足帰りの子どものように 旅の話をしていたワタシの背中を
強く押して たくさんの力をかしてくださった おととさんに感謝しつつ

                         バッチコラサン
                         2005年11月21日
  1. 2005/11/21(月) 00:07:12|
  2. ご挨拶
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。